チームの歩み

サンロッカーズ渋谷は前身の日立本社、日立大阪が統合され誕生しました。日立本社は全日本総合選手権大会(2005年・第37回大会より名称を競技大会から変更)出場14回、優勝3回、一方の日立大阪は同選手権大会出場24回、優勝3回という輝かしい伝統と実績を有し、その後両チームが共に参戦した日本リーグ1部・2部での貴重な経験とこれまでの財産が、サンロッカーズの礎として現在の活動に受け継がれています。
そしてNBL2014-2015シーズンは天皇杯・全日本総合選手権大会において悲願の初優勝を達成することができました。天皇杯に続く国内トップリーグ・B.LEAGUEチャンピオンの2冠を目ざして、引き続きチーム一丸となって挑んでいきたいと思います。

主なチーム成績

年 度 日本リーグ(JBL・NBL) 天皇杯・全日本総合
バスケットボール選手権大会
2016年度

60試合/32勝28敗

(レギュラーシーズン中地区3位)

※チャンピオンシップ クォーターファイナル敗退

ベスト8進出
2015年度

54試合/34勝20敗

(レギュラーシーズン5位)

※プレーオフ進出

ベスト8進出
2014年度 54試合 / 45勝9敗
(イースタンカンファレンス1位)
※プレーオフ進出

優勝(初)

2013年度 54試合 / 18勝36敗
(イースタンカンファレンス5位)
2回戦敗退
2012年度 42試合 / 22勝20敗(4位)
※プレーオフ進出
(レギュラーシーズン4位)
ベスト8進出
2011年度 42試合 / 24勝18敗(3位)
※プレーオフ進出
(レギュラーシーズン3位)
3位
2010年度 36試合 / 16勝20敗 (5位)
※プレーオフ開催中止
3位
2009年度 42試合 / 23勝19敗 (4位)
※プレーオフ進出
(レギュラーシーズン4位)
準優勝
2008年度 35試合 / 23勝12敗 (準優勝)
※プレーオフ進出
(レギュラーシーズン2位)
準優勝
2007年度 35試合 / 16勝19敗 (6位) 3位
2006年度 24試合 / 11勝13敗 (5位) 2回戦敗退
2005年度 26試合 / 15勝11敗 (4位)
※プレーオフ進出
(レギュラーシーズン4位)
ベスト8進出
2004年度 28試合 / 8勝20敗 (8位) ベスト8進出
2003年度 28試合 / 11勝17敗 (7位) ベスト8進出
2002年度 21試合 / 8勝13敗 (7位) ベスト8進出
2001年度 21試合 / 2勝19敗 (8位) ベスト8進出
2000年度 21試合 / 6勝15敗 (7位) ベスト8進出