MENU

SUNROCKERS SHIBUYA

MENU

NEWS

HOME>ニュース>酒井泰滋 現役引退およびチームアンバサダー就任のお知らせ

酒井泰滋 現役引退およびチームアンバサダー就任のお知らせ

このたび2007年より日立サンロッカーズ東京に所属し、9シーズンに渡りクラブに貢献してきました酒井泰滋が現役を引退し『チームアンバサダー』として活動することとなりましたのでお知らせいたします。現役時代の人気、バスケットボールへの知見、親しみやすい人柄を生かし、サンロッカーズ渋谷の認知向上、バスケットボールの普及・拡大に貢献できるよう活動してまいります。なお、引退セレモニーに関しましては改めてお知らせいたします。


__.png
【酒井泰滋プロフィール】
酒井 泰滋(さかい たいじ)
生年月日:1984年8月28日
出身地:長崎県
経歴:福岡大学附属大濠高校→慶応義塾大学
■チームアンバサダーとしての活動
・ファンイベント、VIPゲストとのレセプションなどへの出席
・渋谷区内でのバスケットボール教室や学校訪問
・サンロッカーズ渋谷Webサイトなどでのコメンテーター、試合解説 など
    
【コメント】
この度、第一線を退く決断をしました。在籍期間中は多大な応援を頂きありがとうございました。
9年前、力強い後押しと手厚い歓迎により僕のトッププレーヤーとしてのキャリアが始まりました。当時の「黄色はどうなんだろう?」って感覚は今でも鮮明に残っています。思い返せば大半はきつく苦しんだことしか出てきません…ただ天皇杯優勝といった自慢の成績を残せたし、総じて選手冥利に尽きるバスケ生活だったかなと思っています。またチームメイトと過ごした日常が一番思い出深く、変わりゆく立場の中で各年代のメンバーとの関わり合いは全てが面白く充実していました。何ものにも代え難い財産です。Bリーグ初年度に現役でいられないことは非常に残念でありますが、僕自身はチームに対し残せるものは残し、力は出し尽くしたと思っています。これからは後輩たちが主体となり頑張ってくれることでしょう。
最後に、常に心の中心にあったバスケを手放すのは寂しい限りですが、次なる道を進むタイミングだと感じ好奇心が生まれたのも事実です。新たな自分をこれまでの経験の上に築き上げたいと思います。
これまで支えてくれた全ての方々、本当にありがとうございました。多くの支援のもと僕のバスケ人生が成り立っていたとつくづく実感します。今後、トップ選手としてコートに立つことはありませんが…違う形で皆さんと時間を共有出来ればと思ってます。僕はやっぱりバスケが大好きです。またその時を
楽しみにしてます。
チームはこれまで以上の変革を要し、新生サンロッカーズ渋谷として立ち上がらなければなりません。僕もその一翼を担いこれまで以上に盛り上げていきますので、今後とも宜しくお願いします。